稼いだ金全部使うウーマン

都内在住アラサーOLによる諭吉のファイヤーロード

手持ちのバッグ語ろ!の巻

f:id:aso414:20220824194531p:image

バッグ、好きですか。私は好き、超好き。

少し前にマシュマロで「手持ちバッグについて」というテーマをリクエストいただき、何それめっちゃ語りた~い!となったので意気揚々と記してみます。

慶弔用とかは省いて、普段やおめかしに使ってるものだけを選定しましたが、それでもかなり長くなるので目次で気になるとこだけ読んでもらえれば…。

相変わらず一般人の着画(?)がありますので、そこら辺に苦手意識がある方はご注意ください。

 

 

マイコレクション語り

 

 

ロンシャン プリアージュネオ

f:id:aso414:20220824200901j:image

PC持ち歩きに耐えられる軽くて大容量の鞄を探していた時にたどり着いた答えがこれだった。購入する前は「皆なんでそんなロンシャン持ってんの?」ってちょっと斜めな気分だったんですが、いざ使い始めると「最高」としか言えなくなっちゃうね。軽くてなんでも入る、そのシンプルかつ抗いがたい強み。持ち手もボディも黒なのですごくスマートに見えるところがとっても好きです。

ネオシリーズは従来のプリアージュより少し厚手でシティ仕様なんだけど、公式見ると今はトートの展開がないので、廃盤なのかもしれません。なのに本日ボディ隅に小さな穴が空いているのを発見、動揺しているところです…買い替え…!?

 

LOEWE ハンモックバッグ スモール

f:id:aso414:20220824200922j:image

カラー:タン

2017年ごろ購入。

いろんな形に変形するけど、シンプルに手で下げて持つのが好き。ちょっと巾着っぽい丸さが出るのが可愛いです。ただいざとなったら肩にかけられるというのは持って歩くのにすごく便利なので変形してくれるのありがたい…。

買ったばかりのころはもう少し革が固くてエッジがしっかりしていましたが、さすがに5年以上たつとくたっと柔らかくなってより巾着みが増している。でもそれもかわいい、革のクオリティが高いからこそ経年変化が味になるなぁと思います。重量はややあるものの、入れようと思えばかなりの量が入るところも心強い。

すこし明るさのあるブラウンだからか、寒い時期より春夏に薄着で持つことが多いです。

f:id:aso414:20220824195016j:image

↑今年はCABanのボタニカルワンピースとよく合わせてます。色味が合う。

 

 

FENDI バイザウェイ スモール

f:id:aso414:20220824200947j:image

カラー:ダブグレー

これは2016年に購入。百貨店でトイレ待ちしていた時、目の前にいたお姉さんが持っていて素敵だな~と思ってチェックしたのをよく覚えています。人様が素敵に持っているもの欲しくなりがち。

小ぶりにみえるのに結構容量があって、500mLのペットボトルも長財布も入る。すごい。

ハンドルをもって手提げしてると程よいノーブル感が有り、おめかししてるけどミニバックだと心もとないなって時に心強い。ストラップでショルダーにするとカジュアルにもマッチするのもありがたい。なによりこのグレージュカラーが絶妙で、合わない色はほぼないことが最高。

f:id:aso414:20220824195053j:image

↑普段はたいていショルダーで斜めがけしていますが、手持ちでちょんと持てばおめかし感もUPします。

 

 

MARNI 2014年リゾートコレクション

f:id:aso414:20220824201011j:image

社会人2年目を祝して購入。人生初の10万超えブランドバッグです。

はじめはトランクバッグを狙っていたんですが、2014年リゾートコレクションのこの革を重ねて作る柄がすっごくモダンで可愛い!と惚れ込んでこちらに。ドキドキしながらクレジットを切ったあの瞬間をいまだに思い出せる。少し大きめのサイズ感なので今の気分じゃないかもと出番は減りつつもやっぱり持つたびに可愛いな〜好きだな〜と嬉しくなっちゃう特別なバッグです。

f:id:aso414:20220824195122j:image

↑モノトーンの日に持つのが好き。特にPlanCのブルゾンと合わせることで自分だけ楽しい母娘合わせをよくする(PlanCはマルニ創業者の娘さんのブランド)

 

f:id:aso414:20220824195138j:image

MARNI ピクニックバッグ

こちらもマルニ、2018年購入。ころっとした丸みとポップな色合いが可愛い。あと軽いし容量もあるので夏はかなりの登板率。これを出すと「夏きたな~」と思います。柄が強く見えるけど白が入ってるからか合わせやすくて着る服を選ばないのもいいところ。

お嬢さん風なスカートと合わせてもかわいいし、デニムとも合う。ただ個人的には浴衣に合わせるのも好きです。

f:id:aso414:20220824195212j:image

↑今年は金魚柄と合わせて、同じピンクでええ感じにマッチ。

 

f:id:aso414:20220824195227j:image

CortoMoltedo ショッパートートバッグ

今年の4月にお迎えしました。

ぽんぽんものを放り込めるけど仕事用じゃないトートを探した結果辿り着いたのがこれ。展示一覧や図録とかで意外にA4ぐらいのものが増えがちな美術館訪問によくお供させてます。花のグラフィックがアーティでかわよく、ハンドルが白なのが爽やかでよい。

持つとパッと華やかになるのでシンプルな黒や紺のワンピと持つと良さが引き立つ気がする。

やはりトートは使い勝手がいいなぁと日々実感してます。今後もヘビーに使っていく所存。

f:id:aso414:20220824195245j:image

↑この日はすとーんとしたワンピで直線合わせ。無地だとグラフィックが映えますね。

 

f:id:aso414:20220824195413j:image

MARK CROSSカゴバッグ

こちらも今年。リセール品でお迎えしました。

このラタンの意匠の細かさに見るたびうっとりしてしまう、カゴバッグだけどほっこりとは無縁のシャープさがあります。

いつ使い始めよかっかな〜と機を伺ってた時ふと「ラタンは湿気に強い素材なわけで、つまり雨の日いけんじゃね!?」と思い立ち梅雨頃からおめかししとるけど雨やんけみたいな日の心強い味方となりました。なんとなく強い日差しよりしとしとした雨の日の方が可愛い、素材が息できてる感じある(?)

しかし見た目より全然物が入らない。ミニバッグの容量感じゃん!?と使い始め笑ってしまった。でもそういうところも可愛いヨ

f:id:aso414:20220824195438j:image

↑雨の日のおめかしDAYのお決まりと化す。内側の赤も華やかで雨の日に映える。

 


f:id:aso414:20220824195527j:image

f:id:aso414:20220824195524j:image
BOTTEGA VENETAチェーンミニショルダー/MARROW stringPouch

携帯、ハーフハンカチ、カードケース、リップぐらいだけを突っ込んで遊びに行く時用のミニバッグふたつ。ボッテガはもう10年位前のもので、母親からのお下がり。ちょっとおめかししてる時に良く使います。MARROWはカジュアルな時にもっぱら登板。細いストラップがシャープでお気に入りです。どちらももう少し入ればいいなーってくらいの絶妙なやや物足りないサイズながら結局そのサイズ感が1番可愛いのよね~。


f:id:aso414:20220824195547j:image

f:id:aso414:20220824195549j:image

↑ボッテガはベージュワントーンで合わせたい時に便利。MARROWはたいていの服にマッチ。

 

 


f:id:aso414:20220824195628j:image

f:id:aso414:20220824195632j:image
BALL&CHAINエコバッグ/Y-3リュック

身軽に遊び回りたい時用ふたつ。

左のエコバックは容量入るけど軽くて、でも刺繍で華やかさもありでとてとよいです。旅行の時の手持ちバッグにもよくします。意外に真冬以外はどんな服に合わせても違和感ない。

リュックは自転車で近場にサイクリングする時とかディズニーランドとか両手を開けたいアクティブお出かけの時に登板。シティ感があるところが手持ちの服に合いやすくて重宝してます。どちらも安定の黒である。カジュアルなものってつい黒にしてしまう…ちょっとカチッとしたエッセンスが足されて使いやすくなる感じがする。

好きなバッグの共通点

バッグに関してはまだまだ趣味が固まりきってない気がしてますが、どちらかと言うと形がしっかりあるものの方が好きなのかなと最近思っている。くたっとしたものよりは自立する方が素敵だな~と気になる率が高い。多分そっちの方がシャープに見えるからだと思います、服に関してはタイトなものよりすこし動きがあるものが最近の気分なのに、バッグに関しては逆なの面白いな。むしろ洋服で足りてないところをバッグで締めたいという気持ちゆえなのかも。

あとサイズ展開がいくつかあるものだとほとんどミニの方が欲しくなりがち。昔は大きいのが好きだった気もするので、ここら辺の好みは流動的かもしれません。

 

使わなくなりがちなバッグの共通点

数多くの失敗の結果、重すぎるものは使わなくなるというど定番の結論。どんなに見た目がタイプでも重いと駄目なんだよな…人間関係と同じだね(?)これは車移動の人は違うかもしれない。

好きなバッグの共通点でも書いたように、カチっとした形が好き。そうするとおのずと重量がでがちで、そこはいつも選択で難しいバランスを強いられている。「かわいい~」って思っても重すぎて無理だな…ってなるものもあるので。

あとボリュームがありすぎるものも使わなくなる。特に高さがあるもので、細かく言うと電車で座った時膝の上で邪魔になるサイズ感のもの(ピンポイント)

ここまで書いて気づきましたが、要は好きなデザインの逆ですね。

 

バッグ選びの条件

正直そんなにこれは譲れない!みたいな強いこだわりはないなーと思います。

少し前までは10万円を超えるのであれば本革じゃないと嫌だな~という思いもありましたが、今やエコレザーのクオリティも上がっているしそこのこだわりも薄れてきた。

ただバッグは洋服より断然場所も取るし、数を大量に買うというよりはきちんと選抜された一軍のみを持っていたい願望がより強くあるので「軽率に買わない」「”今”ほしいだけではないか」ってところは心に刻んでしっかり吟味して迎えるようにしたいなと思っています。これは洋服にも言えることなので、私の消費行動における一貫した注意点だな…”今”の気持ちに流されると失敗しがち。あまり買い物が上手じゃないってことなのかもしれない。

 

買い足したい形/ブランド


f:id:aso414:20220824195759j:image

f:id:aso414:20220824195756j:image


実はきちんとしたワンハンドルバッグを持っていないので、これぞというものを一つお迎えしたいなーってつらつら思い続けること早5年って感じです。サイズは小さめ、堅めの表革でカラーは黒というところまでは固まっています。できれば金具も黒がいいんだけどそれはなかなか見かけないな。

色々見たけどやっぱりDelvauxのブリヨンミニとFENDIピーカブーアイシーユースモールの2択だよねって感じなんですが、どちらもなかなかパンチの効いた値段なので自分の気が狂うか衝撃的な昇給をするかを待っていたら更にどんどん値上げ。今現在ブリヨンに至っては新品ではとうてい買えないレベルに達している、いよいよ自分で買うのは諦めて富豪が川で溺れてるのを助けるくらいしか道は残されていないかもしれない…。

あと、値段がやべーっていうのはもちろん、ワンハンドルバッグ持っていなきゃいけない明確な予定とか別にないので思い切れないのもあります。こんだけバッグ持っていると殆どの予定は手持ちのもので全然満足できるんだよな~って思うとなかなか思い切れない。

こういううだうだした気持ちをすべて吹き飛ばしちゃうくらいグッとくるものが現れるか、今悩んでるものを買う決意が固まる何かがあるか、どうなるかはわかりませんが個人的には「今後買いたいなと思っているものがある」という状況がなんかワクワクしてて好きなので、決意固まるまでウロチョロしながら楽しく悩み続けていきたいと思ってます。

以上です!いや長いな。驚くほど長い。それくらい熱い思いがあったのだと思って頂けると幸いです、書いててめっちゃ楽しかった。

「我ながらイカしたもの持ってる♡」ってニコニコしたし、私にとってバッグは洋服よりもアクセサリー所属なんだなーということも感じました。

今現在のラインナップには大満足なので、近々なにか絶対買いたい!というものはないのですがこればかりは出会いなのでしれっとお迎えしてる可能性もある。未来は誰にもわからない…。お迎えしたらまた意気揚々とブログ書くので見てくださいね。以上!

完!

おまけ

洋服遍歴を語ってる記事もあります。

 

aso414.hatenablog.com