稼いだ金全部使うウーマン

都内在住アラサーOLによる諭吉のファイヤーロード

2022年8月のエンタメ消費

美味い物消費に続いて、エンタメも振り返ります。

相変わらず出だし文に書くことがない。あ、風邪なおました!健康は最高!

 

 

書籍

3ヶ月前くらいに買っていたのに、なんとなく入り込めなくて中断しいしい読んでいたんですが後半からの畳み掛けが凄くて、サビがはじまった感に沸き立ってしまった。以前読んだ「戦争は女の顔をしていない」とリンクするところもあり女性が戦争に奪われたものに想いを馳せたりもしました。

 

「82年生まれ、キム・ジヨン」の作者が書いた連作シスターフッド小説。これ素晴らしく良くて、読み終わった後しばらくじっと余韻に浸ってしまった。市井に生きる女性たちが「こんな思いはもう誰にもさせない」とそれぞれの不均衡に立ち向かう物語。不均衡を正す行動を起こす大変さ、尊さ、そこに見える人間の尊厳の輝きというか、すごく感じ入るものがありました。

 

Twitterでどなたかが言及されてて、面白そうと思って読みました。山本文緒作品はひとつも読んだことがなかったので、こういう人なんだーっと新鮮な気持ちになった。SNSはてブロで好きな同性のつぶやきを読んでる時とおなじヒーリングを感じたな、美味しいもの食べたり友達とおしゃべりしたり買い物したり落ち込んだり寝過ぎたりまぁまぁ仕事したり…。良いッ

前作が好きだったのでこちらも。前作の後書きに闘病されてたとは書いてあったけど、こんなに状況が悪かったのか…と驚いた。世に出るものはその人の状況の一面を切り取ったものに過ぎないというのは別にSNSじゃなくても同じだね。

一進一退をしつつも生活を営むことを諦めずいる姿がいいなーっと思いました。

後書きに「病気が治ったと思った時、私は青春が完全に終わったと思った。青春とはその人の生き方の落とし所を見つける旅ではないでしょうか、そういう意味で私の青春は終わった」と書いてあって、凄く心に残った。

 

こちらもTwitterで見つけて面白そう〜と思って読んだ。軽く読み進められるし、ハリウッドセレブも1人の人間であり、完成しきって世間に現れたわけではないんだなぁ(でもやっぱり元々のパワーみたいなものは桁違いだな)と感じられる。デンゼルワシントンがウィルスミスに言った「人生最高の瞬間に悪魔はやってくるものだ。誘惑に負けるんじゃない」はハリウッドセレブではない我にも沁みる名言。

 

十二国記信者なので、仕事終わるまで待ちきれず外回りの途中に買って昼休みに読みました。表紙美しい〜!

作者の小野主上のロングインタビューはもちろん、裏方さんたちのインタビューが手厚く乗ってるのがとても嬉しかった。とくに校閲の項がすごく興味深かったです。登高線まで引かれた地図つくってんの凄すぎる…みたい…。こういう優秀チームたちの力も合わさって最高の物語が作られてるんだ…と改めて胸熱気分です。もうこれを読んで私は辛抱たまらなくなり、インターネットフレンズたちと皆どこの国推し!?私は慶です!!とロングロングトークセッションをしてしまいそうでした。みんなと夜通し語りたい…枕を並べながら…。

 

映像

f:id:aso414:20220919211024j:image

映画「スワロウ」

prime Videoで視聴。スリラーかと思ったら女性の抑圧と解放、癒しを描いたいい映画だった。ヘイリー・ベネットの夢みるような妖精感がとても良い味を出していたな〜。

エンドロールがとても良くて見ていてなんだか嬉しかった。しかし映画内で救いと再生として示される決断が、今のアメリカでは困難になっている(日本も同様)と思うとゾッとするものがある。

 

f:id:aso414:20220919211115j:image

映画「ノット・オーケー」

Disney +で視聴。バズ欲しさにテロ被害者を演じた女の転落劇なんだけど、主人公のどうしようもない感じと本当のサバイバーのリアルな苦悩が乱反射して凄い色々考えさせられる話になってる気がする。すげーバランス感覚で作られてる映画だったな。結構好きでした。

 

展示


f:id:aso414:20220918174806j:image

f:id:aso414:20220918174809j:image

「自然と人のダイアローグ」@国立西洋美術館

お盆時期に行ったからか、物凄い人入りで驚いた。お盆とはいえ平日だったのに…油断。しかし今年一番混んでいた展示だったな…久々に人の肩の隙間から絵を見るという体験をした。

様々な作品が展示されていましたが、やはり初来日のゴッホ「刈り入れ」が好きでした。光が溢れていてのどかで、死のイメージを描いたとは思えなかった。もしこれが死なのであれば、この時のゴッホにとって死は穏やかでやさしいものに感じられていたのかなぁとか思いながら見ました。他にもパウルクレーの作品も好きだったけど、なんかサクサク見終えてしまったという印象です。上野エリア、いつもなんとなく相性が悪い。次回リベンジしたい。

 

 

f:id:aso414:20220913134134j:image

ガブリエル・シャネル展」@三菱一号館美術館

母と行ってきました。初期から晩年まで幅広くカバーされていてかなり近づいて作品が見られるのが良い感じでした。さりげなく見えてもものすごく細かい意匠で、は〜って感じ、今でももちろん美しいがコルセットつけてた時代の人たちがこれを始めてみた時感じた新しさ、自由さっていかほどだったのかと思いを馳せてしまった。しかし会場が驚くほど黒く、案内標識も少なかったので時々経路がわからず立ち尽くしてしまったのが笑えた。

あとシャネルが欲しくて仕方なくなったらどうしようと不安だったんですがそんなふうには思わなかったからよかったです(財布的に)でも館内に思い思いにシャネルを持った女性が溢れていて、なんかいいなって思った。シャネル展だからシャネル持ってくぞ!っていうそういうおめかし心、愛おしいわ。

 

f:id:aso414:20220913134143j:image

「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」@アーティゾン美術館

同世代、同郷、同画塾であった青木と坂本の画業を並走させる形で見ていく展示。どちらもアホみたいに絵が上手いのですが、こんなに描けるもの同士が同年代で2人もいて、他の同世代たちのモチベ大丈夫だったんか?と見当違いの心配をしたりした。

青木の絵はすべて巻頭ぶち抜き見開き表紙です!!って感じに構図がバチバチに決まっていて格好良かった。なんか全ての絵の手がやけに長くて違和感を感じてたら本人もやけに手が長かったので納得。ちょこちょこ絵の師匠を俺のがもっと上手いもんね的に評してたり、自信作が評価されなくてヘソ曲げてたりして性格のキツさが見え隠れしててオモロかった。苦労の末早くに亡くなってたの知らなかったので、ここまで描けても大成しないって…芸術業こわ…ってなった。反して坂本は長生きだったのもあって絵柄の変遷が見えたのが楽しかった。初期の画力全面押し出しまくり絵も素敵だけど、晩年のドリーミーさが強く出た版画シリーズが好きだったな。色がいいよな、幻の中にいるみたいで。

2人とも美術の教科書で見た時はへーって感じで流してたので、改めてまじまじと作品を見れてよかったな〜。一度個別展示を見ると別の美術館や展示で見つけた時なんか嬉しいので。またどっかで見かけられるといいな〜。


f:id:aso414:20220913134139j:image

南桂子展 透き通る森」@ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

版画家の南桂子作品が集められているこの美術館は過去にもきたことがあって、その時もすごくすごく好きだったんですが今回も本当に良かった。

南桂子の描くやさしい孤独って感じの寂寥感がたまらなく好きだなーと改めて再認識しました。ひとつひとつのモチーフも可愛いけどどこか切なくなるような寂しさを帯びていて素敵。

前回来た時に図録を買っていたのでたまに見返していたけど、やはり版画も本物が一番良いな。かなり好き度が高く、いつか叶うならひと作品手元に迎えたいくらい。絵を買ったことがないからわからないんだけどいくらくらいするものなんだろ…。

こんな感じ!

8月も結構色々摂取してますね。外回りが多かったので本もたくさん読めて良かったな。今月あんまり読んでないのでこれからブーストかけたい所存です。なんか締めの文言もあんま思いつかない、これにて完!

 

おまけ

今月のベストエンタメ

チョ・ナムジュ「彼女の名前は」

 

2022年8月の美味いもん消費

8月が終わり結構な時が経ちました。ここ最近の夏はいつも突然に表れ、猛烈なパワーを振りまいてある日いきなりスン…っていなくなる感じがしますね。夕方とか肌寒いぐらいのときありません?なのでクーラーつけずに寝れる!ウェイ!って調子乗ってたら速攻風邪ひきました、悲しいネ。

幸いコロナではなかったのですが、普通に回復に時間を要している&楽しみにしていた予定を直前キャンセルしたのでみんな気をつけてね。健康は全てに勝るギフト…

さて、まだ健康だった(?)8月に食べた美味い物、いつも通りまとめました。

 

f:id:aso414:20220906134225j:image

patisserie ease 桃かき氷(日本橋

情報が出た時から「気になる~!」とワクワクしていたeaseのかき氷。お盆のタイミングで気合い入れてオープン前集合して食べてきました。

練乳がたっぷり混ぜられたクリーミーな氷、そこにたっぷりまぶされるさっぱりとした桃シロップがとても美味でした!上にトッピングされたクリームが見た目に反して甘すぎないところが氷と好バランス◎氷の中にはクッキーが隠されていて、大きさに反して飽きさせずに食べ進められる。すごく上品な仕上がりで、大人~って感じがしました。かなりのボリュームで、15時くらいまではお腹すかなかったので、お昼替わりにできます。

とっても美味しかったんですが、室内がかなり本気の空調具合でかき氷が提供されるまでにかなり冷やされてしまい、終盤は「唇が青くなっているのでは…?」と思うくらい冷え冷えとなりました。来年行くとしたらフリース持っていこっかな~ワハハ!


f:id:aso414:20220906134228j:image

エリックサウス(東京駅)

easeのかき氷と同じ日に。この日は上野の現代美術館に行っていて、周辺でこれぞというごはんどころがなかった為東京駅まで移動して久々のエリックサウス。

ものすごくお腹がすいていたので理性を保てず3種のカレーを選べるエリックミールスをチョイス。バターチキン、マトン、豆だったかな…?もはや記憶が曖昧ですがどれも凄く美味しかった…この満足度でこの値段、やはりカレーは最高…!という気持ちになる。インドカレー、ナンよりライス派です。


f:id:aso414:20220906134231j:image

あんみつ みはし(東京)

エリックサウスからのはしご。カレー食べた後って甘いものが絶対必要になる。これは絶対なんですよ。みはし、久々に行きましたがクラシックで変わらない甘さで美味しかったな~。

さいころ最寄りの百貨店にみはしが入っていたので、祖母とお買い物に行く度に帰りみはしによってあんみつを食べて帰る、というのがお決まりだった頃がありそれもあってみはしを見かけるとその頃の幸せな気持ちを思い出して嬉しくなってしまう。

あとこの日一緒にいったあとり氏が謎に強気で「あんみつと一緒にお雑煮も食べる!」とか言い出したのが面白くてめっちゃ思い出深い。(繰り返しますがエリックサウス後のはしごです)私は他者がたくさん食べることにNoを言うことはほぼないですが、今回ばかりは無理だよ、やめなよと止めました。これは混ざりけなき友情。


f:id:aso414:20220906134223j:image

Sebastien BOUILLETテイクアウトケーキ

実家に顔を出した日に手土産として。ここのケーキ、奇をてらいすぎずでもちょっとしゃれた見栄え&味なところが好きでよく買います。

サイズがやや小さめなところも食べやすくて良い感じです、今回も美味しかった。

 


f:id:aso414:20220906134307j:image

f:id:aso414:20220906134311j:image

マンダリンオリエンタル東京「サマーアフタヌーンティ」(日本橋

この夏のビックイベント、Twitterで仲良くしていただいているねむこさんと初めてリアルでお会いしました。楽しかった~!

せっかくなのでということで我が推しことマンダリンオリエンタルでヌン。推しとかいいつつ2年ぶりくらいの訪問だったんですが、変わらず美味しかった~いつ行ってもがっかりしないってかなり安心感だよな~。

マンダリンは窓からの遮光が強いので、空調が効いていたとしても結構ほかほかなことも多くその為アイスドリンクがぐいぐい進む、今回も結構アイスで頂きました。そしてセイボリー系が特に美味しいので、個人的に都内ヌンにおける塩味の雄と呼んでいる。

しかし今回に至ってはおしゃべりに集中しすぎていて、イマイチ味を覚えていないとうのが正直なところです。コロナ禍となってなかなかSNSで仲良くなった方とリアルで会うことができなかったので、今後も機をうかがいつつお声がけしていきたいな~と思っております。

 

f:id:aso414:20220906134340j:image

東京エディション虎ノ門ブライトサマー エディション アフタヌーンティー」(虎ノ門

フレンズのお誕生日祝いに利用。初訪問だったんですが、すごく良かった!

ラウンジの雰囲気がいかにも外資のラグジュアリーホテル!って感じで気分が上がるのもそうですが、フードとお茶のクオリティも高かった。

特にスコーン、ていうかスコーンに添えられたクロテッドクリームが凄く好みの味だったので好感度マシマシでした。クリーミーだけどしつこくない舌触り、さらに提供される量が多めなのも好(ハオ)スイーツ群も総じてレベル高かった。お茶に関しても、フレーバーティーが美味しくてそればっかり頼んでいました。毎回1回くらいは珈琲を頼むんですが、ここではそれがなかった。さっぱりめのサマーフルーツしばりだったのもありそうですが、フードとフレーバーティーとのマッチングの妙ではないかと。

一緒に行った子はエディション再訪だったんですが「今回の方が断然美味しかった」と言っていたのでメニューで当たりはずれがあるのかもしれない。ので検証の為にも冬頃また行きたいな。

 


f:id:aso414:20220906134408j:image

f:id:aso414:20220906134404j:image

ミュージアムカフェ(日本橋
アーティゾン美術館併設のカフェ。評判いいと聞いていたので青木繁×坂本繫二郎展にいったタイミングで初訪問しました。

しゃれた空間でいただくスタイリッシュイタリアンで、美味しかったな~。前菜とパスタを選ぶコースにしたんですが、かなりぐっとくるメニューが多く、選ぶのが難しかった。悩んだ結果、前菜を鰯マリネと焼き茄子、パスタをウニとマッシュルームにしました。前菜は塩気がちょっと強かったかな~と思いつつ、パスタは期待以上にウニが入っていて嬉しい驚きだった。最後にスイーツもあったんですが、あんまり可愛く撮れなかったので割愛。

 

 

以上!

なんか今回日本橋エリアが多い。普段はあまり行かないエリアなので新鮮で楽しかったです。そして相変わらずのヌン比率だな、ヌンは秋冬により輝くので、秋も攻めていくぜ!という意気に燃えております。年末まで美味しいもの食べまくるぞ!おー!

おまけ

8月のベスト美味いもん

東京エディション虎ノ門ブライトサマー エディション アフタヌーンティー

 

 

 

 

手持ちのバッグ語ろ!の巻

f:id:aso414:20220824194531p:image

バッグ、好きですか。私は好き、超好き。

少し前にマシュマロで「手持ちバッグについて」というテーマをリクエストいただき、何それめっちゃ語りた~い!となったので意気揚々と記してみます。

慶弔用とかは省いて、普段やおめかしに使ってるものだけを選定しましたが、それでもかなり長くなるので目次で気になるとこだけ読んでもらえれば…。

相変わらず一般人の着画(?)がありますので、そこら辺に苦手意識がある方はご注意ください。

 

 

マイコレクション語り

 

 

ロンシャン プリアージュネオ

f:id:aso414:20220824200901j:image

PC持ち歩きに耐えられる軽くて大容量の鞄を探していた時にたどり着いた答えがこれだった。購入する前は「皆なんでそんなロンシャン持ってんの?」ってちょっと斜めな気分だったんですが、いざ使い始めると「最高」としか言えなくなっちゃうね。軽くてなんでも入る、そのシンプルかつ抗いがたい強み。持ち手もボディも黒なのですごくスマートに見えるところがとっても好きです。

ネオシリーズは従来のプリアージュより少し厚手でシティ仕様なんだけど、公式見ると今はトートの展開がないので、廃盤なのかもしれません。なのに本日ボディ隅に小さな穴が空いているのを発見、動揺しているところです…買い替え…!?

 

LOEWE ハンモックバッグ スモール

f:id:aso414:20220824200922j:image

カラー:タン

2017年ごろ購入。

いろんな形に変形するけど、シンプルに手で下げて持つのが好き。ちょっと巾着っぽい丸さが出るのが可愛いです。ただいざとなったら肩にかけられるというのは持って歩くのにすごく便利なので変形してくれるのありがたい…。

買ったばかりのころはもう少し革が固くてエッジがしっかりしていましたが、さすがに5年以上たつとくたっと柔らかくなってより巾着みが増している。でもそれもかわいい、革のクオリティが高いからこそ経年変化が味になるなぁと思います。重量はややあるものの、入れようと思えばかなりの量が入るところも心強い。

すこし明るさのあるブラウンだからか、寒い時期より春夏に薄着で持つことが多いです。

f:id:aso414:20220824195016j:image

↑今年はCABanのボタニカルワンピースとよく合わせてます。色味が合う。

 

 

FENDI バイザウェイ スモール

f:id:aso414:20220824200947j:image

カラー:ダブグレー

これは2016年に購入。百貨店でトイレ待ちしていた時、目の前にいたお姉さんが持っていて素敵だな~と思ってチェックしたのをよく覚えています。人様が素敵に持っているもの欲しくなりがち。

小ぶりにみえるのに結構容量があって、500mLのペットボトルも長財布も入る。すごい。

ハンドルをもって手提げしてると程よいノーブル感が有り、おめかししてるけどミニバックだと心もとないなって時に心強い。ストラップでショルダーにするとカジュアルにもマッチするのもありがたい。なによりこのグレージュカラーが絶妙で、合わない色はほぼないことが最高。

f:id:aso414:20220824195053j:image

↑普段はたいていショルダーで斜めがけしていますが、手持ちでちょんと持てばおめかし感もUPします。

 

 

MARNI 2014年リゾートコレクション

f:id:aso414:20220824201011j:image

社会人2年目を祝して購入。人生初の10万超えブランドバッグです。

はじめはトランクバッグを狙っていたんですが、2014年リゾートコレクションのこの革を重ねて作る柄がすっごくモダンで可愛い!と惚れ込んでこちらに。ドキドキしながらクレジットを切ったあの瞬間をいまだに思い出せる。少し大きめのサイズ感なので今の気分じゃないかもと出番は減りつつもやっぱり持つたびに可愛いな〜好きだな〜と嬉しくなっちゃう特別なバッグです。

f:id:aso414:20220824195122j:image

↑モノトーンの日に持つのが好き。特にPlanCのブルゾンと合わせることで自分だけ楽しい母娘合わせをよくする(PlanCはマルニ創業者の娘さんのブランド)

 

f:id:aso414:20220824195138j:image

MARNI ピクニックバッグ

こちらもマルニ、2018年購入。ころっとした丸みとポップな色合いが可愛い。あと軽いし容量もあるので夏はかなりの登板率。これを出すと「夏きたな~」と思います。柄が強く見えるけど白が入ってるからか合わせやすくて着る服を選ばないのもいいところ。

お嬢さん風なスカートと合わせてもかわいいし、デニムとも合う。ただ個人的には浴衣に合わせるのも好きです。

f:id:aso414:20220824195212j:image

↑今年は金魚柄と合わせて、同じピンクでええ感じにマッチ。

 

f:id:aso414:20220824195227j:image

CortoMoltedo ショッパートートバッグ

今年の4月にお迎えしました。

ぽんぽんものを放り込めるけど仕事用じゃないトートを探した結果辿り着いたのがこれ。展示一覧や図録とかで意外にA4ぐらいのものが増えがちな美術館訪問によくお供させてます。花のグラフィックがアーティでかわよく、ハンドルが白なのが爽やかでよい。

持つとパッと華やかになるのでシンプルな黒や紺のワンピと持つと良さが引き立つ気がする。

やはりトートは使い勝手がいいなぁと日々実感してます。今後もヘビーに使っていく所存。

f:id:aso414:20220824195245j:image

↑この日はすとーんとしたワンピで直線合わせ。無地だとグラフィックが映えますね。

 

f:id:aso414:20220824195413j:image

MARK CROSSカゴバッグ

こちらも今年。リセール品でお迎えしました。

このラタンの意匠の細かさに見るたびうっとりしてしまう、カゴバッグだけどほっこりとは無縁のシャープさがあります。

いつ使い始めよかっかな〜と機を伺ってた時ふと「ラタンは湿気に強い素材なわけで、つまり雨の日いけんじゃね!?」と思い立ち梅雨頃からおめかししとるけど雨やんけみたいな日の心強い味方となりました。なんとなく強い日差しよりしとしとした雨の日の方が可愛い、素材が息できてる感じある(?)

しかし見た目より全然物が入らない。ミニバッグの容量感じゃん!?と使い始め笑ってしまった。でもそういうところも可愛いヨ

f:id:aso414:20220824195438j:image

↑雨の日のおめかしDAYのお決まりと化す。内側の赤も華やかで雨の日に映える。

 


f:id:aso414:20220824195527j:image

f:id:aso414:20220824195524j:image
BOTTEGA VENETAチェーンミニショルダー/MARROW stringPouch

携帯、ハーフハンカチ、カードケース、リップぐらいだけを突っ込んで遊びに行く時用のミニバッグふたつ。ボッテガはもう10年位前のもので、母親からのお下がり。ちょっとおめかししてる時に良く使います。MARROWはカジュアルな時にもっぱら登板。細いストラップがシャープでお気に入りです。どちらももう少し入ればいいなーってくらいの絶妙なやや物足りないサイズながら結局そのサイズ感が1番可愛いのよね~。


f:id:aso414:20220824195547j:image

f:id:aso414:20220824195549j:image

↑ボッテガはベージュワントーンで合わせたい時に便利。MARROWはたいていの服にマッチ。

 

 


f:id:aso414:20220824195628j:image

f:id:aso414:20220824195632j:image
BALL&CHAINエコバッグ/Y-3リュック

身軽に遊び回りたい時用ふたつ。

左のエコバックは容量入るけど軽くて、でも刺繍で華やかさもありでとてとよいです。旅行の時の手持ちバッグにもよくします。意外に真冬以外はどんな服に合わせても違和感ない。

リュックは自転車で近場にサイクリングする時とかディズニーランドとか両手を開けたいアクティブお出かけの時に登板。シティ感があるところが手持ちの服に合いやすくて重宝してます。どちらも安定の黒である。カジュアルなものってつい黒にしてしまう…ちょっとカチッとしたエッセンスが足されて使いやすくなる感じがする。

好きなバッグの共通点

バッグに関してはまだまだ趣味が固まりきってない気がしてますが、どちらかと言うと形がしっかりあるものの方が好きなのかなと最近思っている。くたっとしたものよりは自立する方が素敵だな~と気になる率が高い。多分そっちの方がシャープに見えるからだと思います、服に関してはタイトなものよりすこし動きがあるものが最近の気分なのに、バッグに関しては逆なの面白いな。むしろ洋服で足りてないところをバッグで締めたいという気持ちゆえなのかも。

あとサイズ展開がいくつかあるものだとほとんどミニの方が欲しくなりがち。昔は大きいのが好きだった気もするので、ここら辺の好みは流動的かもしれません。

 

使わなくなりがちなバッグの共通点

数多くの失敗の結果、重すぎるものは使わなくなるというど定番の結論。どんなに見た目がタイプでも重いと駄目なんだよな…人間関係と同じだね(?)これは車移動の人は違うかもしれない。

好きなバッグの共通点でも書いたように、カチっとした形が好き。そうするとおのずと重量がでがちで、そこはいつも選択で難しいバランスを強いられている。「かわいい~」って思っても重すぎて無理だな…ってなるものもあるので。

あとボリュームがありすぎるものも使わなくなる。特に高さがあるもので、細かく言うと電車で座った時膝の上で邪魔になるサイズ感のもの(ピンポイント)

ここまで書いて気づきましたが、要は好きなデザインの逆ですね。

 

バッグ選びの条件

正直そんなにこれは譲れない!みたいな強いこだわりはないなーと思います。

少し前までは10万円を超えるのであれば本革じゃないと嫌だな~という思いもありましたが、今やエコレザーのクオリティも上がっているしそこのこだわりも薄れてきた。

ただバッグは洋服より断然場所も取るし、数を大量に買うというよりはきちんと選抜された一軍のみを持っていたい願望がより強くあるので「軽率に買わない」「”今”ほしいだけではないか」ってところは心に刻んでしっかり吟味して迎えるようにしたいなと思っています。これは洋服にも言えることなので、私の消費行動における一貫した注意点だな…”今”の気持ちに流されると失敗しがち。あまり買い物が上手じゃないってことなのかもしれない。

 

買い足したい形/ブランド


f:id:aso414:20220824195759j:image

f:id:aso414:20220824195756j:image


実はきちんとしたワンハンドルバッグを持っていないので、これぞというものを一つお迎えしたいなーってつらつら思い続けること早5年って感じです。サイズは小さめ、堅めの表革でカラーは黒というところまでは固まっています。できれば金具も黒がいいんだけどそれはなかなか見かけないな。

色々見たけどやっぱりDelvauxのブリヨンミニとFENDIピーカブーアイシーユースモールの2択だよねって感じなんですが、どちらもなかなかパンチの効いた値段なので自分の気が狂うか衝撃的な昇給をするかを待っていたら更にどんどん値上げ。今現在ブリヨンに至っては新品ではとうてい買えないレベルに達している、いよいよ自分で買うのは諦めて富豪が川で溺れてるのを助けるくらいしか道は残されていないかもしれない…。

あと、値段がやべーっていうのはもちろん、ワンハンドルバッグ持っていなきゃいけない明確な予定とか別にないので思い切れないのもあります。こんだけバッグ持っていると殆どの予定は手持ちのもので全然満足できるんだよな~って思うとなかなか思い切れない。

こういううだうだした気持ちをすべて吹き飛ばしちゃうくらいグッとくるものが現れるか、今悩んでるものを買う決意が固まる何かがあるか、どうなるかはわかりませんが個人的には「今後買いたいなと思っているものがある」という状況がなんかワクワクしてて好きなので、決意固まるまでウロチョロしながら楽しく悩み続けていきたいと思ってます。

以上です!いや長いな。驚くほど長い。それくらい熱い思いがあったのだと思って頂けると幸いです、書いててめっちゃ楽しかった。

「我ながらイカしたもの持ってる♡」ってニコニコしたし、私にとってバッグは洋服よりもアクセサリー所属なんだなーということも感じました。

今現在のラインナップには大満足なので、近々なにか絶対買いたい!というものはないのですがこればかりは出会いなのでしれっとお迎えしてる可能性もある。未来は誰にもわからない…。お迎えしたらまた意気揚々とブログ書くので見てくださいね。以上!

完!

おまけ

洋服遍歴を語ってる記事もあります。

 

aso414.hatenablog.com

 

2022年7月のエンタメ消費

美味いもんに引き続き、7月のエンタメ消費も振り返り!相変わらずこの前置きなんも書くことないな…。

今月のお品書きです。

 

 

 

映像系


www.youtube.com

映画「バス・ライトイヤー」

正直初報が出た時は全く興味がなかったんですが(ひどい)、ディズニー強火ファンの夫に連れられて公開すぐに見に行きました。とてもよかった~~~(手のひらクルッ)

他者を守り導くんだという気概を持った強い人(バズ)が犯したミス、それを償う為にひたむきになって、その過程で一人ぼっちになっていく痛々しさがとても誠実に書かれていて「バズ…好き…推せる…がんばって…」ってなってしまった。

そしてそんな強く正しい人がより成長することは、その人から見たら弱かったり物足りなかったりする人間たちの個性を認めてともに挑戦することだというメッセージにグッときてしまったな~~。努力を惜しまず、優秀で結果を出している人が陥りがちな優生論的な思想にNOを突き付けている感じなのもよい。

本当に強い人は弱い他者に優しい人だと信じているので、バズが試行錯誤しながらそういう人になっていくさまが描かれている、そしてそれが彼の成長として肯定されていること自体が希望だわ…って思うなどしました。

あと猫型友達ロボットソックスたんが最高にかわいくてかわいくて大変なのでみんな見て!圧倒的犬派の私もソックスたんには完敗、どのアクションシーンも「(俺の)(いや俺のではない)ソックスたんは無事か!?」とハラハラしてしまいました。私にも賢くかわいいソックスたんをください…

 

映画「ビリーブ 未来への大逆転」

選挙前にNHK番組映像の世紀でRBGとそれに連なる女性たちの戦いの系譜を見て胸が熱くなったところにアマプラのおすすめで出てきたこちらを視聴。

RBGことルース・ベイダー・ギンズバーグが史上初めて挑んだ男女平等裁判に関してを描いた映画で、とってもとってもよかったです。現代の私たち女性が手に入れている権利のすべては、過去にこうやって声を上げて行動してきた女性が作り上げてきてくれたんだっていうことをまざまざと感じたし、ということは未来は今現在の私たちの行動で作り上げられるんだって身が引き締まる思いがした。

終盤、悪質なキャットコールを無視するルースに、娘が「ママ、言い返さなきゃダメ。戦わなきゃ」っていうシーンもよかったな。

そしてこうやって先人たちが作り上げてきてくれた様々なことが逆走していくみたいに崩れていくアメリカの中絶に関する様々な報道を見て本当に悲しい気持ちになってしまう。ジェンダーギャップ116位、G7最低たる本邦は言わずもがなですが…。

でもここで絶望して声を上げるのをやめてはいけない。未来は現在の行動から作られるということを胸に刻んで、ちゃんと声を上げていく人間でいようと思う次第です。私も言い返すし、戦うぞ!

 

f:id:aso414:20220803094322j:image

リゾのビックスター発掘(1)~(3)

我がブログでおなじみのマブあとり氏(id:aatorii)が激褒めしていたので意気揚々と見始めました。結果な~にこれ最高~!ってなってる。

リゾのバックダンサーを決めるためのオーディション番組なんですが、ありがちなライバル同士のいがみ合いとか、主催者からの過度な圧&ストレスとかがなくていい。番組通して「もっとあなたらしく輝いていいんだよ~」というメッセージを感じます。リゾがビックガールハウスを「安心して守られてるって感じられる場所を与えてあげたい(意訳)」みたいに言ってた時すごく嬉しかった。ほんと、すべての女の子にはそういう場所が与えられるべき…。

リゾ自体もDiVA然とした輝きを持ちつつ、常に弱さやつらい経験もオープンにシェアしていく感じで、すごく自然体でいいな~と思います。今の時代のDiVAだよな。そしてこれを見ていると「動けるヘルシーな体…いい!」と感じ運動への意欲が燃えるのもいいところ。痩せなきゃ…とかじゃないところがポイントです。

引き続き楽しく追っかけていきたい!

 


www.youtube.com

映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」

※結末ネタばれ込み※

映画館でやってる時に講評を見て、面白そうだなーと気になっていたものの逃したのでprimeに出たタイミングで見ました。

ガーリーで可愛らしい画面の中で突き付けられる女性の現実にうっとなってしまう。

しんどいなぁと思ったのはこれだけ倫理観なしに振り切った主人公も、命を懸けないとリベンジできないんだということ。

加害者のことを絶対誰も許さない、逃がさない、と執着する主人公が痛々しくてつらい。公的な裁きがしっかりしてないから、結果命を懸けるしかなくなるんじゃん、司法がおかしいんじゃん…裁きを個人に負わせるな!!とイライラしてしまった。大切で心許せる彼氏も、ボーイズクラブの中にいるとき加害性を帯びるというところもリアルでした。つら…でもよくできた映画だったよなとも思います。

しかしリアルすぎて男性にはかなり居心地悪い映画なんじゃないだろうか。これを見てぐだぐだ言わないやつはかなり見どころがあると思う(どこ目線?)

 

書籍

安倍晋三元首相襲撃事件後すぐくらいにバズっていたツイートで出典として記載されて気になったので読みました。

オウム事件を長く取材している作者がオウム事件で死刑囚となった元信者たちの来歴を踏まえて「カルトとは何か」「集団や教義を優先する穴に陥らない為にどうするべきか」を分かりやすく書いた本。

ものすごく陰鬱な気持ちになるのですが、岩波ジュニア新書ということもあって平易な文で分かりやすくまとめてある。カルト宗教の仕組みや怖さ、そこから抜け出るのがいかに困難かが身に染みるほど感じられるので義務教育の課題図書とかにしてほしい…。

個人の「感性」は凶行を拒否していても、教義とコミュニティ内での人間関係にからめとられてその感性を無視してしまう。そしてそれが自分にとっても他人にとっても取り返しのつかない悲劇となるというところが特に胸に迫りました。感覚的に「それはできない」と思うことはしないようにしよう、と心に刻むなどしました。

 

こちらもツイッターで「最新話がとんでもなく地獄」と話題になっていて気になったもの。コミックス購入&最新話までアプリで読みました。

自分を搾取する男と離れられない(でもそれを認められない)女、それを心配する女、そこに現れた嘘みたいに正しくフェミニズムをインストールしたおじさん。と登場人物がそれぞれどこか自分や身近にいる人の気配を感じるようなリアルさで引き込まれて読みました。話は結構つらみが強く、読み終わった後やや虚無な気持ちを引きずってしまったんですが、色々失敗しながらも人生を生きていくキャラたちを応援したい。そんな気持ちになりつつ、元気じゃないときは読まないでおこう…と思うなどもしました。リアルすぎてもらっちまうんだわ。

 

いま日本で最も読後「身近にいる大事な人を大切にしよう」と思える漫画ことブランチライン。最新刊もとてもとてもやさしい話がぎゅっとしていて、眠れない夜にホットミルクを飲んだようなそんなまろやかな気持ちになりました。

何か特別なことが起きるわけではないのに、なんでこんなに幸せな気持ちになるんだろうな~、それぞれが自分の人生を誠実に生き、周りをいたわっている気持ちを隠さないからかなと思うと私も周囲を大切にしていきたい…と決意を新たにしました。さすがいま日本で最も以下略。

 

前作「お砂糖とスパイスと爆発的な何か」が面白かったので、最新作もポチりました。表紙可愛いな。

前作は見たことのない作品も多くて、ふーん、そうなのか〜みたいなゆるいノリで読んでいたんですが、今作は読んだり見たことがある作品が8割だったのでより興味深く読むことができてよかった。講評系はそのものを知っていないと入りづらいんだな、読書日記とかは知らなくても面白いのにな。そこらへん不思議です。特に第2章の「男たちのデス・ロード」が面白かった。特にWikipediaの章。ウィキって無性物として見ていたんですが(?)ここにも不均衡があったのか…。あと私はキャサリン妃のマックイーンのウェディングドレスのwiki記事を読み込んだ事があるので、あれ書いたのあなたですか!?って驚きもあってよかった。

常々、作者のクールだけど喧嘩早い感じがいいなと思っていたので文中で「人と争うのが全く苦にならない」って断言しててやっぱり〜!って気分になったりもした。しかし全く苦にならないってすげえ、っょぃ。

 

展示系

f:id:aso414:20220803094118j:image

「Anish Kapoor: Selected works 2015-2022」@SCAI PIRAMIDE

7月はあとり氏に連れられ、小規模な展示を見て回りました。私はつい大きめな企画展ばかりチェックしてしまうのでアンテナ張ってるフレンズの存在心強い。

鏡面みたいに磨き上げられた立体作品たちが揃っていて、映り込む風景が反転したり消えたり焦点が合わなくなったりと異世界感が面白い。反射の色味が美しかった<eclipse>が1番好きだった。

(画像は公式より)

 

f:id:aso414:20220803094148j:image

ゲルハルト・リヒター Drawings 2018–2022 and Elbe 1957」@ワコウ・ワークス・オブ・アート

同じビルでやっていたリヒターのドローイングをまとめた展示。

東京国立近代美術館の回顧展に行ったばかりなので副読本的にも楽しかった。地図みたいにも見える流線と色の重なりが面白い。作者の思考のスケッチを見てる感じがして、まぁ何考えてるかは全然わからんのですけど面白い!ってなりました。

年齢を重ねて「よく分からんことが面白い」という感覚があるということを知りました。

後日、記事でここに展示されてた作品は販売していたと知り買えたんだ…!ってびっくりした。欲しいわけじゃないんだが値段知りたかったな。

(画像は美術手帖より)

 


f:id:aso414:20220803094238j:image

f:id:aso414:20220803094232j:image

f:id:aso414:20220803094235j:image

竹村京と鬼頭健吾「色と感情」@ポーラミュージアムアネックス

こちらは銀座。

写真や印刷物の上に刺繍を重ねるみたいな作品群がグラデーションがあって面白かった。ポップだけどちょっと毒っけもある感じ。PARCOを感じる…(?)

「色は世界共通言語」という前書きがあって、その感覚なかったけど確かにだなーって思ってそういう部分の気づきも含めてとても面白かったです。

以上!7月は結構バランスが良く広範囲を摂取できたのではないだろうか。小説をよんでないので、8月は読みたいな。

7月は選挙やそれに連なる様々な報道や社会情勢に影響されたのか、困難な状況下でも負けず戦い続ける人間の物語を求めていた気がします。まぁ通年そういう物語が好きですが、7月はその傾向が特に強かった。

現実があまりにもあんまりなので「もうなんも考えるのやめたい…」と虚無になることも多いんですが、そういう時に行動すること、考えること、発言することをあきらめない作品たちにパワーをもらっています。創作物が与えてくれるポジティブパワーに助けられつつ、まだまだ暑い夏乗り切っていきたい。

完!

 

 

おまけ:今月のベスト

江川紹子「カルトはすぐ隣に オウムに引き寄せられた若者達」

※エンタメと称しちゃダメなものかなと思うので、エンタメ表記は無しで。

 

8月の消費 8UEDE Rama Ring

欲しい…でもどこで買えるの…?と思っていた物を本日無事手に入れたため、最高ご機嫌気分な気分です。あんまり嬉しいので撮って出しなスピード感で本稿を書き上げましたので、皆たち聞いてください。こちらです。

 

f:id:aso414:20220807152819j:image

8UEDE(スウェード)というジュエリーブランドの蝶々を象ったRama Ring。この可憐な佇まいを見てくれ…!

このブランドは"「Primitive Sculpture」(素朴な形、自然な形)がインスピレーション。自然が生み出した複雑なテクスチャーや年代、国籍を超える美しいシェイプ。大切にそばにおいておきたいと思える彫刻物を、女性のためのジュエリーとして作成"というコンセプト通り、どれもアートピースのようなモダンな風情があり、インスタで見つけて一目惚れ。

それからというもの「実物が見たい…ッ(そしてあわよくば買いたい)」という強い思いに燃えておりました。

ただ6月ごろにやっていた受注会には都合がつかず行けずじまい。ここは実店舗を持っていないし、公式HP無し、インスタ公式垢にも取り扱い店舗情報すら無しという謎のストイックさで(いやまじもう少し商売っけを出してくれ)実物を見に行けそうな店舗情報を見つけられず「詰みですわ」って感じになっておりました。

次シーズンの受注会を待つしかないのかぁ…と半ば諦めていたところ、昨晩公式垢がアローズ原宿店の投稿をストーリーに上げていたのを見てよしきた!っとなり翌朝(今日)いそいそと向かい無事ゲットした次第です。消費へのフットワークの軽さが自慢。

f:id:aso414:20220807164349j:image

着けるとこんな感じ。蝶々が指先にとまったみたいなかわいさがあります、あ〜可愛い。いいことありそう。

他にこれの5倍くらい大きなモチーフのLというのもあるんですが、手の大きさ的につけこなせなかったのでこちらの通常サイズに決着。オンラインで見てた時はLもパンチ効いてて可愛いよな〜って悩んでいたので、やっぱり実際に着けてみれてよかったな。

素材はシルバーに14kコーティング。すこしくすみを帯びたゴールドのニュアンスが綺麗だし、モチーフのかわいらしさをシックに引き上げてくれてます。

メッキか…と一瞬思ったものの、スタッフさんが6年つけてるという同じ加工がされた指輪を見せてくれたところハゲも欠けもなかったのでヨシ!と納得。経年でよりヴィンテージ的な風合いも出てて良さげでした。

f:id:aso414:20220807152822j:image

後ろみても可愛い。左下に小さく「8」の刻印があります。サイズは10号。人差し指や中指につけるとやや緩いけど関節でしっかり止まるねってぐらいでした。展開としては13号もあり。

人差し指につけても可愛いけど、バランス的に中指がお決まりになりそうだな〜と思ってます。

f:id:aso414:20220807170452j:image

↑よくつけるバッテンリングと合わせても可愛い。

 

蝶モチーフって可愛いけどリアルすぎると昆虫すぎて怖いし、かといって甘くなりすぎると自分とはちょっと違うなと思うしでなかなかドンピシャにハマるものがなかったので「出会えた」って感じが嬉しい限りです。先月買ったハートモチーフリングもそうだけど、ちょっと甘すぎるかもなって思って敬遠していたアイテムも自分にしっくりくる塩梅のものがあるんだな〜。そしてそういうものへの愛情はより増すね。モチーフもので手に入れたいものがあといくつかあるので、今後も諦めずに探していこう〜と思います。

この指輪は今の季節はもちろん、寒い時期にニットを着た手元にチラッと蝶々がとまってるのも可愛いだろうし、春に白シャツからのぞいてても絶対素敵じゃん!とワクワクする気持ち。

しかし先月も指輪買ったのにどんだけ毎月買っとんねんって言われそうだな、まぁそういう時もあるよね…全部お気に入りなんで問題ない!

完!

 

おまけ

先月買ったハートモチーフリング記事もよければ

aso414.hatenablog.com

 

 

 

 

 

2022年7月の美味いもん消費

今回からタイトルに西暦をつけてみました。

あっという間にもう8月。殺す気か?ってぐらい暑いしとんでもないニュースばかりだし感染も再拡大で私たち一体どうなっちゃうの~!?って感じ。

しかしそうはいっても生活は続いていくわけで、おかしいと思うことにはおかしいと声を上げつつ、毎日をささやかな幸せでブーストして生きていくしかない。そんな7月に食べた美味しいもんたちです。

今回からNEWキャラとして(?)シルバニアからシカの赤ちゃんをお迎えしたので、ちょこちょこ写真に写りこませる方式で行きます。持っていかない日もあるので、いるときもいないときもある。

f:id:aso414:20220801170809j:image

↑うちの鹿丸てゃん。家に届いたときあんまりにも可愛すぎて動揺した。このクオリティでワンコイン…?バグでは…?

f:id:aso414:20220801165442j:image

マーサーブランチ(六本木)

7月上旬に金曜半休をとってあとり氏(id:aatorii)と都内ステイをしました。いくつか展示を見るために六本木集合でまずランチ。

マーサーブランチ久々に行きましたが凄く美味しかった~!しっかりめのランチと悩んだんですが、この後もカロリー山盛接種計画だったので心を鬼にしてサラダセットに。しかしこのサラダ大正解でした。ブラータチーズと枝豆コロッケが載っていてボリュームたっぷり!野菜もしゃきしゃきで美味い!こういう外でしか食べれないゴージャスサラダを嬉しくいただけるようになったな~と自分の成長を感じたりなどしました。名物フレンチトーストも外サク中フワで美味しかったな~!

 

f:id:aso414:20220801165423j:image

OYOGE テンモーパン(六本木)

店から店の移動中も衝撃的に暑かったので、激ウマたい焼き屋さんOYOGEで夏限定でやってるテンモーパンをいただきました。しみじみウマ、スイカの甘いところだけをすすってる気分。すっごく甘いのに決してケミカルな甘さではなくて、心地よく体が冷えていく感じ~~幸せ~~~。夏中にもう一度のみたいな


f:id:aso414:20220802094231j:image

f:id:aso414:20220802094715j:image

↑この日あとり氏と服装がドンかぶりしててウケた。仲良しかよ。テンモーパンもストローの色がちょっと違うところが我らのようでした(?)

 


f:id:aso414:20220801165505j:image

f:id:aso414:20220801165547j:image

コーヒーパーラーヒルトップ(お茶の水)その1 プリンアラモード

山の上ホテル泊だったのでチェックイン後念願のコーヒーパーラーヒルトップに。

パフェ食うべぇと行ったんですが、無念の売り切れだったため翌日に持ち越し。この時はこちらも念願のプリンアラモードをいただきました。

この可憐なる美しさを見てくれ…!すべての女児魂を持つものの”夢”…?って感じでアワアワしてしまった。これ出されてテンアゲしないやついる?いねぇよなあ?(圧)

ややかためプリンにクラシックなバニラアイス、しっかりクリームのスワンシュー…。完璧ですね、完璧。とっても美味しかった…。プリンのこのセンター然とした輝きをしてあとり氏が「安室奈美恵 withスーパーモンキーズだな」と評してて爆ワラしてしまいました。言語化能力高すぎてウケちゃう。そしてここで飲んだ水出しコーヒーがすっごく美味しかった!かなり苦みが強いんだけど、酸味がなくて飲みやすくて好きだったな〜

 

f:id:aso414:20220801165633j:image

コーヒーパーラーヒルトップ その2 クラブハウスサンドウィッチ

パフェリベンジのために翌日再訪。チェックアウト後すぐ行けば余裕っしょ!となめた態度をとっていたら開店前からすでに長蛇の列で結局一時間ちょい待ちました。

そして待ち時間で空腹ゲージが上がりまくり、パフェ前にしょっぱいものを…ということでクラブハウスサンドウィッチをオーダー。これがものすごく美味しくて頼んだ自分達を褒めたい案件。大正解でした。パンのサクサク感、トマト、ベーコン、ツナ(?)とキャベツ…すべてがばっちりマリアージュしており超ハイレベ喫茶店メニューだ!すごいぞ!と大興奮しました。あとご覧ください、たっぷりのポテトフライ&オニオンリングまでついてる!最高!

美味しい~美味しい~としきりに二人で言い合いながら食べました。また食べたいな~

 


f:id:aso414:20220801165655j:image

f:id:aso414:20220801165652j:image

コーヒーパーラーヒルトップ その3 白桃パフェ
これが食べたいから山の上ホテルに泊まったのだ!期間限定・数量限定の桃パフェを無事いただきました。この主役力を御覧じよ!っと言いたくなる力強さ。しかも登場時はドライアイスのスモークに包まれて運ばれてくるので主役登場感マシマシのマシでした。いや~美しいわ~

飴細工の中に隠されたアイス&ジェラート、1個分は確実にあるゴロゴロっとした桃のコンポート。クラシックな香り漂うクリーム&カスタード…。満足と満腹が同時にやってくる感じが凄い。いろいろなパフェを食べてきましたが、トップクラスに満腹感のあるパフェだったな~~…

しかしこのパフェの人を笑顔にする力はすごくて、運ばれてくるたびみんなが一斉に「わー!」って顔をほころばせる様がなんだかすごく良かったです。甘くておいしくてかわいいもの、それはピースフル…。

 

f:id:aso414:20220801165714j:image

日本海庄や

選挙後の外食うぃ

選挙後は毎回ここで鮨ランチしてますね。生魚は最高~!

 

f:id:aso414:20220801170504j:image

和牛焼肉ブラックホール(新宿)

辛く悲しい結果に終わった選挙、政教分離されてなかったことがわかった政治…諸々浮世のつらみを肉とともに燃やす会をこちらもあとり氏と開催。今回ネギわさびという白髪ねぎにたっぷりワサビを絡めたものをカルビなど脂の強い肉に乗せるということを覚えました。これすっごく美味しい!!!

ネギわさびがないお店でもワサビと白髪ねぎを追加で頼めばセルフで作れそう。

焼肉が大好きだけど年々脂身がしんどくなる(でも食べたい)のでこういう小技を使いながら楽しんでいきたいな。

 

f:id:aso414:20220802094426j:image

ブルックリンパーラー(新宿)

焼肉後の甘いもの〆として。お腹いっぱいだったので二人でシェアしました。人はなぜ腹がいっぱいなのに甘いものを求めてしまうのか…。ナッツがゴロゴロで美味しかったな。このお店、コロナ前にあとり氏と一緒に来たことがあったんですが本人全く覚えていなくて笑った。Twitterに画像が残っていた為再訪だと証明できました、やぱTwitterにはすべてがある…ッ!

そしてここでシルバニアの赤ちゃんシリーズをお迎えすることを決め、延々とどの子にするか?を相談しまくってる時間を過ごした。思い返すとしょうもなさ過ぎてあとり氏よく付き合ってくれたな…という気持ち。最終的には「あそは鹿っぽい」という一声で鹿丸をお迎えすこととなりました。鹿っぽい…まんざらでもない。バンビちゃんってこと?(は?)

 

 

f:id:aso414:20220802094759j:image

銀座・和光アネックスティーサロン

母のお買い物の荷物持ちした日に、タイムラインでちらほら見かけて気になっていた和光90周年記念パフェを食べました。

どーんと載った90周年を掲げたレーズンサンドが誇らしげでいいね。味もとっても上等&クラシックでまさに和光!って感じでとても素敵でした。

あとぐっと来たのがメニューに書かれていた説明の「バニラの花ことばは”永久不滅” そこからあやかり、和光時計台よ永遠なれという思いを込めたバニラパフェです(すごく意訳)」というところ。思想強め!いい!!てかバニラの花言葉カッケ~!こういう情報大好き~!

 

f:id:aso414:20220802094832j:image

うな富士(新橋)

フレンズ2名とうな富士でウナギを食す会。鹿丸デビュー戦です。

相変わらずの美味しさでひと噛みするたびにオキシトシン爆増。美味い…ッ美味い…ッと言いながら無心で食べつくすモンスターと化しました。うな富士のこのふわっとした柔らかさとタレの甘さ、本当に好みです。しかし今回朝を抜いていったからか結構サクッと完食できてしまって自分が怖かった。もしかして…胃袋膨らんでる…??怖…

しかし鰻って本当に美味しい…鰻を食べるということの功罪をきちんと考えなければならないと思うのに、毎回考えを深める前に美味しさに負けて食べに来てしまうの、自分の弱さを感じます。この鰻問題に私はまだ答えを出せていない…

 


f:id:aso414:20220802094912j:image

f:id:aso414:20220802094908j:image

スターバックス

鰻後にスタバに移動して永遠話し続けるといういつものやつをやりました。

喋りすぎてのどが渇き、ドリンクを2杯も頼んでしまった。今年初桃フラぺ、安定に美味。メロンもかなり美味しかったけど、やはり桃が好き♡フラぺは夏のフルーツ系が好きだな~

終わるまでにもう一回くらい飲みたいな〜と思う次第です。

 

f:id:aso414:20220802094258j:image

近所焼肉

三連休最終日、5時間(!)近く昼寝してしまい、起きたら夜だったので近所で肉を焼いて食いました。炭で焼く肉はうまい。

 


f:id:aso414:20220802094404j:image

f:id:aso414:20220802094407j:image

f:id:aso414:20220802094401j:image

ロイヤルパークホテル(日本橋)夏祭りアフタヌーンティ

浴衣着てどっか行きたい、でも花火大会とかは暑いから無理!よーしそれならばヌンだ!ってな感じで夏祭りテーマでヌンをやっているロイヤルパークホテルへ。

ここ、大学生ぐらいのころ来たことがあってサンドウィッチが美味しかった記憶があったものの正直そんなに期待していなかったんですが(ひどい)とても美味しかった!

それぞれ夏祭りモチーフ(たこ焼きとか水風船とか‥)をかたどったスイーツやセイボリーがしっかり美味い。別にサプライズはないんだけど、ちゃんと美味しい…。ちょっとヒルトップコーヒーパーラーにもある、クラシック喫茶店的な良さがあってとても気に入りました。可愛いモチーフなのに全体的にちょっとあか抜けない感じなのも結構好き。

しかし浴衣でヌンはかなりしんどかった(帯の締め付け的に…)お腹すいていたのでものすごい勢いで食べていたんですが、ある一瞬から「やばい、苦しすぎて今すぐ脱がないと終わる…」みたいな限界を迎えました。空腹~腹八分目~満腹の連動性の中で、腹八分目と満腹までの距離感が短すぎてたまにこういう悲劇が起きるんだよな。立ち上がったりなんなりしてどうにか乗り切り、公衆での浴衣全脱ぎは免れました。よかったよかった。

 

f:id:aso414:20220801170606j:image

シェイクシャック(恵比寿)

モスバーガーに行くつもりがまさかの恵比寿店が閉店しており、バーガーつながりでシェイクシャックへ。

はじめて全部盛りことシャックスタックバーガーを食べたんですが、チーズが挟まった分厚い揚げたマッシュルームが激ウマで感動しました。カロリーが殴り掛かってくる感じがする…!美味い…‼‼ドでかいので途中でダレるかな?と思ったら全然食べきれて自分が怖い。いやどうなってんだ?

しかしこのマッシュルームがとても気に入ったので、次食べるときはパテなしのシュルームバーガーでもいいかもしれない。

 


f:id:aso414:20220802195554j:image

f:id:aso414:20220802195558j:image

ウェスティンホテル東京 ザ・ロビー(恵比寿)サマープレミアムパフェ

去年から気になっていたウェスティンの夜パフェ。予約していったものの最初は私たちしかいなかった…平日だからカナ?

6種類くらいある中からピーチとラズベリー・ライチのパフェをチョイス。すごく細長い器で来たのでうっかり倒しちゃいそうで心配だった。

たっぷりのベリーと多種の甘酸っぱソルベで構成されていて、重たさがなくて夏らしいパフェでした。甘酸っぱLOVEだし美味しくいただいたんですが、あまりにも他の要素がなくてやや単調だった気もするな。しかし夜パフェはどこも混みがちなので、ゆったりのんびり綺麗なラウンジで過ごせるのはとてもよきでした。

 


f:id:aso414:20220801170702j:image

シャングリラホテル東京(有楽町) メロンかき氷

シャングリラ名物(?)夏季限定のメロンかき氷。去年食べて美味しさに感動したので今回もいそいそと食べに行きました。去年も今年もソロで行ってるのでこのドでかかき氷と一人で向き合うことになって我ながらちょっと面白い。

果汁100%のフレッシュメロンジュースを凍らせて削る氷やたっぷりのメロン果肉はもちろんですが、上に乗せられたもったりしたクリームと氷の下に忍ばされたココナッツの焼きメレンゲがとにかく美味しくて食べてる間ずっと幸せでした。今年も美味いぞ~!って思いながら黙々と食べました。ものすごいボリュームなんですが、中に忍ばされたいろいろなサプライズが楽しくて飽きずに食べきれるのが嬉しい。かき氷というよりパフェなんだよな…。大変満足したので来年もまた食べたいな!

 

以上!7月も絶好調によう食っておりますね。

毎回選挙後はダウナーな気持ちになることが多いんですが、今回は特に失望&衝撃&失望&失望&先行き不安…みたいな事実が立て続けにやってきて結構しんどかった。でもそういう時も美味しいものを大切な友人や家族とあーだーこーだ言いながら食べる、ということが自分をすごく励ましてくれていたなぁと思います。食の喜びってやはり即効性があるな~。冒頭にも書きましたが、続いていく生活を毎日生きていくしかない。その毎日が少しでも良くなるよう、美味しいものの力を借りながら8月もこれからも頑張っていきたいな、と思います。

完!

 

今月のベスト飯:

コーヒーパーラーヒルトップ  

クラブハウスサンドウィッチ&プリンアラモード

フェイラー、時を超えて今…の巻

 

普段Twitterランドをメイン現場として生きているんですが(?)、タイムラインが少し前からフェイラームーブメントに沸いており、様々な方がお気に入りのフェイラーまとめ&語りを投稿されていました。

こちとら信頼する同性のレコにめっきり弱いヒューマンなわけで、即「フェイラーのハンカチ、気になるカモ♡」と影響を受けた次第。こちとら面白れぇ女ではなく分かりやすい女として消費人生やらせてもらってるんでね…。

マシュマロにフェイラーに諭吉を4枚(!)を燃やしたツワモノからの熱いレコなども届き背中を押されたこともあり、折角だしと特にこだわりなくなんとなく使っていたハンカチたちを整理して、いくつかお迎えしてみました。

f:id:aso414:20220730113606j:image

↑新旧勢揃い。折ってもかわいいね〜

なんと言っても其々柄が可愛いので、もともと持っていたものと合わせて備忘録してみます!これがやりたかったんじゃ!

f:id:aso414:20220725132011j:image

ミュベール ブルーミングミモザ

初・狙って買ったフェイラー。

ファッションブランドMUVEILとのコラボです。ミモザが可憐!ちょこんといる蜜蜂も可愛い!春めかしい〜!とグッときて即確保と相成りました。ミモザの部分にチラッとキラキラした糸が混ざっていてかわいい。

パイピングが緑、紫、黄色とバリエがあって悩んだもののミモザだしね…ということで黄色にした。MUVEILのちょっとおキャンなかわいらしさとフェイラーのクラシカルさがええ感じにマッチしてていいコラボだな!と思いました。(どこ目線?)

MUVEILコラボは去年もやってて、確か鈴蘭柄だった気がする。その時も可愛いな〜と気になっていたものの発売日翌日とかにオンライン覗いたら全て完売してて「あ、こんな争奪戦な感じなんすね…!?」と激震を受けたのを覚えている。あたくし昨今のフェイラー人気をなめておりました。なのでこのミモザに関しては発売開始即ポチ。夕方にもう一度オンライン覗いたら全柄完売していたので、速度感間違って無かったな…と確信を深めた。

f:id:aso414:20220725132034j:image

FEILER×KEITAMARUYAMA ボタニカルチェリー

こちらはついこの前発売されたケイタマルヤマ&THE TOKYO&フェイラーのトリプルコラボ。これもファッションプレスで情報が出た時から「可愛い!買お!」と決意を固めていた。ケイタマルヤマアーカイブテキスタイルからの復刻コラボらしいんですが、たっぷりしたチェリーと花々が華やかで素敵。オリエンタルな美しさがケイタマルヤマの真骨頂な感じでグッときます。これもパイピングの色で雰囲気がガラッと変わるので直前まで悩みまくったものの、ポップな可愛らしさが足されるブルーにしました。

MUVEILコラボでも思ったけど、フェイラーはテキスタイルに強みのあるファッションブランドとのコラボにすごく良さが出る気がする。というか個人的にツボにはまりやすいです。今後もテキスタイルに一家言有りなブランドとコラボしまくってほしい。

f:id:aso414:20220725132047j:image

FEILER×ドラえもん シトラスフラワー

実はドラえもんが好きなんです。丸くて手足の短いものにあらがえない…

フェイラーとドラえもんコラボは初めて見た時から「こんなん可愛いだろ…反則だろ…」と心をざわめかしていたもののキャラグッズは自分では買わないようにしていたこともありぐっとこらえておりました。(あと公式に在庫もなかったし…)

それが先日未来デパート先行で発売されたこの柄のご機嫌ドラちゃんに心を射抜かれ、「分かった…もう降参だよ…」って白旗気分でポチ。これどういうポーズなの?ハピハピでかわいいんだが…ッ!?と可愛いと怒るオタク特有の厄介ムーブをかましてしまう。ドラちゃんを囲むように配された柑橘&南国の花々もキュート。よく見ると九官鳥?もいる!パイピングの青も鮮やかなので、この暑い季節にたくさん使いたいなーと思う次第です。

f:id:aso414:20220725132056j:image

メルシーモナムール

コラボ物ばかり買ってしまう傾向が強い中、これは珍しくフェイラーオリジナル柄。「人種に関係なく人々が手を取り合う様を表した」という最高コンセプトです。

手を握り合う様々なスキンカラーが花びらのよう。柄には性別は意識されてないとは思いますが、なんとなくシスターフッドみも感じるところも大好き。

個人的に初めて公式をきちんと見た時に即お気に入りボタンを押したくらい推し柄なんですが、まったく持ってる人を見ない。インスタのフェイラータグを結構後ろまでさかのぼっても持ってる人がいない。銀座本店にも在庫がなく、入荷予定もない…。こんなイカしたコンセプトなのに!?こんなの絶対おかしいよ!と鼻息荒くぽちった次第です。広げても素敵ですが、折ると南国の鳥たちみたいにも見えてよりいい感じ。

 

【番外編】深く考えずに買った&いただきもの


f:id:aso414:20220725132115j:image

f:id:aso414:20220725132118j:image

(左)葛飾北斎コラボ桜柄(調べたら2020年の限定ぽい)

2年位前にアウトレットに行った際、友人がフェイラーでハンカチ買いたい~というので着いていって、なんとなく買ったもの。この頃からTwitterではちょこちょこフェイラーの話題を見ていたので、アウトレットにはTLで見るような可愛い柄はないのか~残念だな…と思っていたんだけど定価で買うようになった今ではそりゃあんだけ即売り切れるんだから人気の柄はアウトレットには出ないわなと納得の気分です。しかしこの時実物を初めて使ったことでフェイラーハンカチのクオリティの高さを実感できたのはよかった。深く考えずに選んだにしては柄も渋くて良い感じ、まさか北斎だったとは…ここでも知らずコラボを選んでいたんだな…。

(右)誕生日プレゼントにもらったハローキティ ファティマプティ

一緒にアウトレットに行った友達に「一緒に買ったフェイラーのハンカチめちゃ良かった~」と軽く話したらお誕生日にプレゼントしてくれました。優しい…

古き良きフェイラーを感じるクラシックなパンジー柄にキティちゃんが配されていて友人曰く「ややマッドな感じでかわいい」柄。わかる…ちょっと毒っけを感じて良い…!友人はマイメロちゃんを持っているので、二人で「マッドネスアイドルコンビ」と呼んで会うときはよく合わせでもって行ったりしています。こういう遊びたのしくってねぇ…

こんな感じでした!こうやって並べると、自分で買う分には柄が大きいものが好きなのかな?って感じがしますね。あと6枚中5枚がコラボという驚異のコラボ率。ミーハー気質がいかんなく発揮されている。あと身に着けるものだと自分には似合わないブランドでもハンカチだとなんの気兼ねもなく取り入れられる!って感じがいいのかもしれません。

f:id:aso414:20220730113819j:image

↑ダブルネームのタグたち集合。こういうコラボもののタグが好きで…。

しかしコラボばっかり狙ったおかげで購入ショップの一元化ができず、さらに複数枚は買わないから毎回送料搾り取られまくりマンになってしまいました。お買い物下手かよ。でも1枚ずつ「これだー!」って柄をそろえていくのはわくわくする楽しさがあるのでこれからもコラボ系を狙っていきたいなと思う次第です!

 

そしてここからはみんなたちにも見てほしい、我がタイムラインの信頼できる同性たちの最高のフェイラー語り記事たちをご紹介。

それぞれチョイスに個性があって読んでてワクワクするほど楽しい。まじでどれにも驚異的なまでの販促効果があり、正味フェイラーからいくらかインセンティブもらってもいいぐらいだと思うほどです。

みんなもこれを読んでフェイラーを買おう!私もそうだったので…完!

pikanopika.com

mn-oyatsu.hatenablog.jp

numeol.hatenablog.com

note.com

www.oukakreuz.com

すごくおまけ:あーしとフェイラー(幼少期編)

実はフェイラーと私にはご縁がある。

幼き頃我が実家にはフェイラーのパンジー柄の大判のタオルケットがありました。赤かったので「赤タオルさん」と呼ばれていたそれは、いわゆる私にとっての「ライナスの毛布」的アイテム。それがないと私が寝ないので、泊りの日に忘れたときとか父がわざわざ家に取りに帰ったりもしていたらしい。柄が好きだったとかではなく、ひたすら洗いを繰り返し肌にくたっとなじむあの肌触りを愛しており、包まれつつ指しゃぶりの代わりに赤タオルさんの端をガジガジかじりながら入眠する、というのがお決まりのルーティーンでした。(獣かなにか?)(だから人よりやや前歯が出てるのか?)

だんだん「毛布に包まれる」というより「端っこをガジガジする」がプライオリティとなり、最終的には持ち運び性を重視した両親が「かじってる端っこを切り落とし、それだけ持ち歩かせる」という荒業に出たため一反木綿的フォルムとなった赤タオルさん…。

思い出せないくらいいつの間にか卒業し、いつの間にか我が家から姿を消しましたが、今でも赤タオルさんは私の幼き頃の相棒として思い出すとまぁるい気持ちになるアイテムです。

なので我が実家にとってはフェイラー=赤タオルさん。兄ズなどはいまだにフェイラーブランドを「赤タオルさんのやつ」と呼んでおり、私がフェイラーハンカチを集め始めた!と見せた際は「赤タオルさんじゃないじゃん!あの柄買って端っこ噛みなよ」などと煽ってくる始末です。まじで噛んでやろうか?あん?ってなもんなのですが、幼いころご縁深かったものと大人になってまた出会えるのって嬉しいものですね。

あの頃私を包んでくれた赤タオルさんが、今は様々な柄に姿を変えて私の濡れた手を拭いてくれてるんだな~と思うとなんだかキュンだな、と思ってそんなタイトルにしてみました。

 

…この話特になんもオチはないんですが、ふと思い出してなつかしかったので書き記してみました。

今度こそ完!